調布市仙川にある「川端皮膚科クリニック」ではあらゆる皮膚疾患(アトピー性皮膚炎・じんましん・にきび・みずむし...など)に対応します。

 
  1. 調布市仙川・川端皮膚科クリニック TOP
  2. 美容皮膚科(保険外診療)
  3. VHO式爪矯正法
 
 
VHO式爪矯正法
VHOとは、Virtuose(熟練した)、Humane(人間的、痛みが少ない)、Orthonyxie(まっすぐな正しい爪)の頭文字をとって命名された陥入爪・巻き爪に対する保存的治療法です。
1979年にドイツで開発されたもので、外科手術に代わる手技として、現在のドイツでは保険適応にもなっている治療法です。世界特許も取得しており、ドイツの専門講師による直接指導を受けライセンスを取得した者しか施術できません。
実際の方法は、
  1. 専用のスチール鋼で爪に合わせた左右のワイヤーを作る。
  2. 爪の横に左右のワイヤーを引っ掛け、さらに巻き上げ用のワイヤーをその左右のワイヤーに引っ掛ける。
  3. 巻上げワイヤーを巻き上げ、固定する。
  4. 余分なワイヤーをカットし、人工爪でワイヤーの固定部分を保持する。
という流れになります。

爪の横のワイヤーは爪に引っ掛けているだけなので、出血することはほとんどなく、挿入する際も麻酔するほどの痛みはありません。VHOを行った当日から入浴・運動が可能で、日常生活に支障がありません。また、ワイヤーが靴下に引っかかることもほとんどありません。
爪の中央部分にVHOが固定されるので、爪が伸びていなくても施術可能です。爪が伸びるとともに、VHOが前方に移動するので3ヶ月後に付け替えます。矯正には、通常半年以上はかかります。

治療費は保険が効きませんので、自費診療になります。初回(1部位)10,000円で、2~5回(1部位)9,000円、6回目以降(1部位)8,000円で、治療のたびにご負担いただきます。施術はライセンスを所持している浅野典子先生が担当します。
VHO式爪矯正法
 
 
サイトメニュー
一般皮膚科一覧 美容皮膚科一覧